インナーカラー×ホワイト カラーをしてても白く出来る??

インナーカラー×ホワイト カラーをしてても白く出来る??

こんにちは、完全なホワイトはヴァージン毛からしか作られないという記事を

過去に何度か書きましたがホワイトっぽい色味は再現することが出来ます。

 

今回はインナーを白っぽくしたいというお客様がご来店されたので

それについて書かさせていただきます

 

こんにちは!

学芸大学駅から徒歩4分の美容室Al Chemで美容師をしている

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約はこちらから簡単にできます!

LIME@

ミザのプロフィール

 

ご来店時の状態はこんな感じです、前にブリーチを一度して暗めのカラーを入れていたそう。

ベースがそこまで明るくなっていない上から暗い色をかぶせているので

残留がかなりある状態です。

 

希望はなるべくホワイトっぽく、頑張っていきます。

 

前提として既にカラーがされている場所は白くはならない事と

前のブリーチがムラにされているので完全に均等にはならないとお伝えし、

了承いただいた上で最大限近づけますというお話になりました。

 

どうやって明るくしていくのか

さて、ブリーチしたにもかかわらずこの明るさは正直悩むポイント。

おまけに暗いカラーがされていて、リタッチ幅もあるという状態です。

 

これをホワイトにするにはいつもの1回分のパワーのブリーチでは明るくなりきりません、

ヴァージン毛なら一回分で事足りるのですが履歴が履歴なので仕方がありません。

ですので今回は少しパワーを上げて1.5回分のパワーがあるブリーチの塗り方をしていきます。

 

インナーの根元のリタッチ幅から塗り、中間毛先を塗っていきます。

根元を悠長に塗っていると最初の部分が中間毛先の明るさを追い抜いて

しまうので丁寧にスピードを意識して塗ります。

 

そしてインナー部分だけブリーチをためて塗り、放置。

 

ブリーチ後の状態を撮り忘れてしまいましたので文章でご勘弁を。

新生部はホワイトに出来る明るさまで明るくなりましたが

残留部分は明るさこそ問題ないもののオレンジっぽい残留のせいで白くは

出来なさそうなライン。無理に取ることはせずストップしました。

 

色味を優先しすぎて髪がボロボロになってしまっては元も子もないですからね。

 

黄色みを飛ばすオンカラー

どうしてもブリーチで飛ばしきれない黄色は補色の青紫を

薄く載せ、光の透過時に白色に見えるようにしていきます。

 

毛先と根元で同じ薬を使ってしまうと根元は入りすぎてしまいそうなので

薬を薄いもの、比較して濃いものを2つ作ります。

 

塗り分けて出来上がったのがこちらです

インナー部分を引き出しているので少しクシャッとなってしまっていますが

インナーの色味はこんな感じです。

 

かぶさってくる毛はブラウンベースの赤紫です。

MENU:ホワイトブリーチ ¥16,500

カラー ¥5,500

トリートメント ¥3,300

 

青みの白→白→ホワイティベージュのグラデーションになっています

残留があれだけ有ったものがここまで取れれば及第点かと。

 

これから地毛を育成しつつホワイト部分を伸ばしていけたらと思います。

2ヶ月のリタッチ周期を守っていただければ綺麗に伸ばせることをお約束

出来ますよとお伝えし、終了です。

 

まとめ

一度カラーをすれば完全なホワイトは作れませんが、今回のように

白っぽく見せたりすることは可能です。

 

濃いカラー履歴でもこれくらいは白っぽく出来ますから

寒色系でトーンアップをしただけであったりであれば

もっと容易に白っぽいカラーを作れます。

 

そしてハイトーンは日頃のケアが命です

ブリーチ前よりも丁寧に扱うことを

心がけましょう

 

お家でのすぐに出来るケアはこちらの記事で

ご説明させていただいています

 

ハーフアップにしてグラデーションを見せても可愛いですし

そのままおろしてソフトなホワイト部分のみ見せても可愛いです。

 

ハイトーン好きなら一度は憧れるホワイトカラー。

全頭でもインナーでも、ポイントでも履歴次第では叶えることが出来ますので一度ご相談ください!

 

下記のLINEから

友だち追加をして現在のスタイルと希望のスタイルをお送りください。

事前カウンセリングがスタートできます。

 

事前にご納得いただけるまでカウンセリングをすることで

当日の不安も少なくなりますし、すぐに施術に入れます。

 

ぜひご活用くださいね