明るさ別ピンクカラー!ブリーチ1回〜3回以上まで解説!

明るさ別ピンクカラー!ブリーチ1回〜3回以上まで解説!

こんにちは。フェミニンで可愛らしい雰囲気を出しやすいピンク髪は季節を問わず女性に大人気のカラーです。

 

そんなピンク色、やってみたいけどブリーチ回数によって出来る明るさが違うので自分のやりたいピンクはブリーチが何回必要なのかわからない!!

 

そんな方向けにこの記事ではこのくらいの明るさのピンクはこの回数で出来るよ〜、という感じでまとめていきます。

 

ブルーのブリーチ回数に付いてもまとめているので色を悩んでいる方はこちらも合わせてお読みください

 

グレーやシルバーはこちら

 

この記事はこんな方にオススメ

・少ないブリーチ回数で淡いピンクにしたい

・なりたいピンクのブリーチの必要回数を知りたい

・いろんなピンク髪を見てみたい

こんにちは!

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約はこちらから簡単に出来ます!

ご新規様のホワイトブリーチも大歓迎です!

ミザのプロフィール

 

 

ブリーチ1回で出来るピンク

ブリーチ1回で明るく出来る目安の髪の明るさは15〜16.5レベルです。

 

レベル(明るさ)の目安はこちらの画像に並んだ毛束の明るさと数字を参考にしてください

14〜20レベルまでの毛束です。

 

15〜16レベルではまだオレンジ味があるので鮮やかめに色を入れないとピンクとして認識出来ない場合があります。

 

16 レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

これぐらい鮮やかであればピンクとして認識出来ますし、かっこいいですがかなり派手なのでもう少し淡いピンクを求める方のほうが多いでしょう。

 

暖色系は寒色ほど明るくしなくても色味を感じるカラーが出来ますが、オレンジ味が取れる程度にはブリーチをしたほうが良いです。

 

ブラウン味のあるコーラルっぽい色であれば出来ますが、ブリーチありきのピンクを求めてこの記事を読んでくださっている方はもう少し明るいものを希望していると思いますのでこのまま下へ読み進めてください。

 

ブリーチ2回で出来るピンク

普通のブリーチ2回で明るく出来る明るさの目安は17〜18レベルです。

 

ここまで明るくすればベースにオレンジっぽさが消え、黄色くなってきます。

 

黄色みは寒色で染める時は緑っぽくなってしまう原因ですが、暖色の場合はそこまで気にせずとも良い色が出てくれます。

 

17.5レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

18レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

デザインカラー¥8,800

ベースの明るさがきちんと明るいと、ブリーチ一回のときと比べて淡く可愛らしいピンクにカラー出来ます。

 

ピンクシャンプーの使用で色持ちを良くすることも出来ますし、色が落ちてもピンク自体色残りがしやすい色味なのでそこまで嫌な色落ちはせずに済みます。

 

おそらく皆さんがやりたいブリーチありきのピンクはこのくらいの色味だと思います。

 

通常のブリーチを2回程度すれば綺麗なピンクは載る、という認識で大丈夫です。

 

では3回しなくては出来ない色味はどんなピンクなのでしょう。

 

ブリーチ3回以上で出来るピンク

明るく出来る目安は18レベル以上です、普通3回以上ブリーチをすれば大抵のカラーは出来るほどのハイトーンになります。

 

しかし過度なパワーでのブリーチ施術は切れ毛のリスクがではじめるほどのダメージが蓄積されるので日頃のケアが不可欠になります。

 

髪をきちんと乾かす、油分をきちんと補う、高温でアイロンを使用しない等の他にも色々なケア方法がありますがそれらを日常に組み込むことになります。

 

やって貰う場合はブリーチ施術の経験が豊富な方にお願いしましょう。

 

18.5レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

18.5レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

19レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

これくらいのとても淡い色にでき、ピンクシャンプーのみで色落ちを防げるほどの明るさです。

 

ダメージとは引き換えですが、次のリタッチまで色落ちに悩む必要がなくなります。

 

使うピンクシャンプーの色味にも左右されますが裏を返せば、使用するカラーシャンプーで色味を変えることが出来るということにもなります。

 

2枚目の写真の方は次回来店までピンクシャンプーを使用していたそうなのですが、来店時の状態はこんな感じでした。

ほぼ毎日アイロンを使用するそうなので、施術時より少しダメージが進んでいますが色味に関してはとても綺麗に保てています。

 

これがブリーチ3回以上した際のメリットです。

 

ただピンクからカラーチェンジをする際は元々色残りしやすい色味なためお客様、美容師側双方に注意が必要になります。

 

僕なら色を残さないようなピンクも作れますけどね

ピンク味を残さない色落ちがコチラ

元の真っ白になってますね、これなら新しい色が綺麗に入ります。

 

でも僕なら全部ブリーチ一回で出来ます

ブリーチ回数ごとに、正確に言うと明るさごとに色を分けてはみましたが、実を言うとこれらは全てブリーチ1回で僕が作った色味です。

 

実際、ブリーチ回数は美容師の技量に左右されるので当てになりません、一般的にブリーチ何回でこの色が出来ますという言われ方をしているので書いてみたまでです。

 

「普通の」ブリーチと回りくどい表現をしたのはそういうことで、僕はブリーチ一回で希望の明度まで明るくするようなブリーチの手法を取っていますのでそういった場合は回数は明るさに関わらず「1回」なのです。

 

どんなブリーチの手法を取っているかはこちらの記事に詳しく書いています。

 

 

履歴によっては出来ない場合もありますし、状態が良ければどんな色でも1回で表現ができます。

 

髪への負担を少なく済ませ、希望の色味にしたい方はぜひ僕にお任せください!

 

冒頭のリンクか下記のリンクから僕の公式ライン

を友だち追加して簡単にメッセージを

送ることが出来ます。

 

現在の状態がわかるお写真とご希望のスタイルを

お送りいただいたあとに髪に残っているであろう

施術の履歴をできるだけ多く文に

起こしていただいて送っていただければ

事前カウンセリングが開始できます。

 

事前に状態を確認することで当日

出来ません、となってしまうこともありませんし

納得行くまでお話することで当日までの

不安と施術に入るまでの時間を

減らすことが出来ます。

 

ご相談だけでも大歓迎なので

ぜひご活用くださいね。