美容師がヘアカラーとパーソナルカラーの関係性を解説!あなたに似合う色がきっと見つかる

美容師がヘアカラーとパーソナルカラーの関係性を解説!あなたに似合う色がきっと見つかる

こんにちは。新規のお客様にヘアカラーをする際によく聞かれるのが「私に似合う髪色ってなんですか?」なのですが、なんの根拠もなしになんとなくの印象で答えるほど無責任な事はありません。

 

では、納得に足る理由を提示するために僕がどんな知識を身につけたかというと

 

「パーソナルカラー」です。

 

今日はパーソナルカラーとはどんなものなのか、ヘアカラーに活かすとどんな恩恵があるのかを解説していきます!

 

 

こんにちは!

学芸大学駅から徒歩4分の美容室Al Chemで美容師をしている

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約はこちらから簡単に出来ます!

 

 

パーソナルカラーって何?どんなもの?

詳しくまとめた記事はこちらですがこの記事でも簡単に触れさせていただきます。

パーソナルカラーとは

第三者から見て良い印象を得やすい色のことです。

その人の肌、瞳、唇などの色に調和する色(得意な色のグループのこと)である。 とはいえ、肌の色に似た色とは限りません。 

 

4つの色のグループに「春」「夏」「秋」「冬」というニックネームをつけて、もっとも得意な色のグループがどのシーズンか診断するスタイルが広く知られています。  

 

前提として好きな色を身にまとい好きなメイクをして好きな自分でいることが

最も大切で、似合う似合わないを断定して縛り付けるものではありません。

 

パーソナルカラー診断は自身の好きなものに加え、得意な傾向を知ることで

よりファッションなどに幅を持たせて日々の生活をより楽しいものに

することが目的です。

 

・自身の得意な色の属性を見つけてくれるもので「似合う」「似合わない」を断定するものではない

・ブルベ、イエベ必ずどちらかだけに分かれるわけではない

・前提として好きな格好をするべきであり、自身のシーズンの格好だけしか出来ない訳ではない

・どのシーズンも特別性があり、優劣は無い

 

ここだけ抑えていてくれれば問題ありません。

 

パーソナルカラー診断とヘアカラーを同時にやるメリット

そんなあなたの選択肢の幅を広げてくれるパーソナルカラー診断ですが、それをヘアカラーと掛け合わせることのメリットをいくつか挙げていこうと思います。

1,全体の色ををより調和させるのに役立つ!

主にお顔まわりの印象を司るのに使われるのですが、服装>メイク>髪の順にお顔まわりの雰囲気を変えるのですが序列こそあれど、どれも大事な要素でありどれかがかけるとその部分に違和感を覚えたりすることがあるのでパーソナルカラーを活かして服装やメイクを選択すると自然と髪色が気になってきてしまいます。

 

ですので特に強いこだわりが無い限りは自身のシーズンに合わせてみても良いかもしれません。

 

全体をパッと見た印象がより良いものになることでしょう

パーソナルカラーサマーの方の得意な色群

2,診断士と美容師が同一人物だとブレが無い

次に大きい要因としてこちらが挙げられます。美容師のなかでもパーソナルカラーを予備知識的に持っていても、きちんと勉強をされている方は多くありません。

 

自分がどのシーズンでその中でもどの要素がより大事なタイプで〜と説明しても「・・・??」という顔をされてしまうかもしれません。

 

正しく伝わらなければせっかく診断しても意味が薄れてしまいます、ですが診断士と美容師が同じであればしっかりと知識を持った上で診断結果をもとにヘアカラーをするので結果からブレることが無いのです。

 

肝心のカラーがあまり得意でない場合だとブレてしまうことがありますので、ブログやインスタグラムを遡って見ると良いと思います。

 

診断を使ってカラーしてみました

そういった例を多くまとめたページはこちらにありますが

こちらでも一例としてご紹介させていただきます

 

ビフォアの状態はこんな感じです

診断結果は1stオータム、2ndウィンターの暗めのお色が得意な方。

 

元々地毛が明るい方で根本の部分はほぼ地毛なのだそう。

 

毛先は逆にハードなブリーチ毛でおそらく前に寒色系を入れていたのだろうといった色落ちです。

 

これを診断結果と照らし合わせてカラーすると

地毛との繋がりをきれいに馴染むようにしつつ深めの赤で毛先をカラー、下地の緑味を消した上で重ねて赤色を入れているので色落ちまで綺麗に落ちてくれます。

 

差し色で赤紫を混ぜているのもポイント

オータムさんのシックで深い色味を色が抜けきった髪で表現するために下地作りをした上で色を載せ、デザインを入れています。

アップしてみるとよりわかりやすいですね。

 

普段からブリーチ毛のカラーを多くするので扱いには多少慣れておりますので、基本的にどんな状態でもお受けしております。

 

ナチュラルなブラウン系などももちろん出来ます

パーソナルカラー診断が出来てカラーも得意な美容師は少ない!

メリットに関してご説明させていただきましたが、いざパーソナルカラー診断とヘアカラーを同時にやろう!となった時に生じる問題としては

 

パーソナルカラー診断が出来る美容師が少ない!

 

という点です。

そもそも知識が無い方がほとんどですし、資格こそ持っていてもお店に道具がなかったりすることもあるので探すことが困難でしょう。

 

また、お肌を見た上で診断結果と絡めて想定通りのカラーを表現できる美容師となるとより困難を極めます。

 

そこで診断ができる上にカラーが得意な僕に任せていただきたいのです!

 

通常パーソナルカラー診断は16,500〜20,000円程度するので気軽には行けないと思うのですが、僕の場合は現在カラーと同時に施術させていただきたいという想いから現在はメイクの有無に関わらず4シーズンとベストカラー診断までは3,300円で行っております。

 

プラスでメイクやお洋服をパーソナルカラーを活かしていくならどのようにしていくとよいかなどのアドバイスまで含めたフルバージョンの診断は5,500円とさせていただいています

 

カラーと合わせるとこの記事をご覧頂いた方に限り9,900円(フルは1,1000円)となっております。

 

診断内容に関しては

1st,2ndの診断とベストカラー診断に加え、メイクと服装のアドバイス、カウンセリングシートのお渡しと1週間の質疑応答期間を設けております。

 

下手すると専門施設よりも内容が多いかもしれません。

 

加えて結果を踏まえたカラーをしても相場の価格よりも安いのはかなりお得だと思いますが、そこで心配されるのが僕のスキルかと思います。

 

JPCA(日本パーソナルカラー協会)の公認資格モジュール3(1級相当)を所持しておりますし、延べ診断数はこの記事を書いた時点で約120人ほどとなっております。

 

お客様からの口コミでは

 

ほんの一部ですがこのような内容に関してお褒めいただけた嬉しい口コミを頂いております。

ですので問題なく診断は出来ますからご心配には及びません。

ぜひ診断させていただければと思います。

 

ご連絡は下記の公式ラインを追加していただき、「パーソナルカラー診断の記事を見た」と診断を受けたい旨をお伝え下さい。

 

ブリーチまでやる場合はまた価格が変わりますのでご了承ください

 

ご相談だけでも大歓迎なので

ぜひご活用くださいね。