ダメージ差と色むらを直して色落ちがグレーになるブルーのヘアカラーに!【青】

ダメージ差と色むらを直して色落ちがグレーになるブルーのヘアカラーに!【青】

こんにちは。いつもご覧下さりありがとうございます。

Al Chemの美座です。

 

ブリーチの施術は非常に繊細なコントロールと細かい作業が必要なので、失敗が絶えない技術です。

 

今まで様々な失敗した状態を直してきましたが、今回は失敗の修正に加えその後の色味についてもご注文を頂いたので記事にしようと思います。

 

思い描いている像はあるのになかなか希望通りにしてもらえず、履歴は複雑化しているけど希望は変わっていないので新しい美容室を探し続ける。といった方が多いように思えますのでご自身の状態と似ていないか読み勧めていただければと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ

・どこに行っても希望通りのスタイルにならなかったが諦めたくない。

・なるべく髪に負担をかけないで理想の髪色になりたい!

・その場でも綺麗、色落ちも綺麗に出来る美容師を探している方

こんにちは!

学芸大学駅から徒歩4分の美容室Al Chemで美容師をしている

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約、ご相談はこちらから簡単に出来ます!

ご新規様のホワイトブリーチも大歓迎です!

ミザのプロフィール

 

 

ブリーチをしたなら基本的にはブリーチでリタッチするべき

今回のお客様のBeforeはこんな感じ

根本の明るさが足りておらず、毛先にはしっかりブリーチがされている状態です。

白髪が目立ってきたことがきっかけでブリーチをしだしたものの、なかなか思ったようにならなかったそうです。

 

前回ブリーチをしているのにも関わらず、カラー剤で染めたためにその場で色味はなんとなく揃ったものの、明るさが揃っていないために色落ちでこのようなムラが出来てしまいました。

 

現状根本から黒→茶色→金という具合に3つの状態の髪が存在しています。

 

黒の部分 

完全な地毛。根本に近い上に何も薬剤施術が行われていないので明るくなりやすい

茶色の部分

ブラウンのカラーがされている髪、色残りが判別しにくく薬剤によっては明るくなりにくい染料が含まれているため予測が付けにくい部分。

金の部分

すでにブリーチがされており、色も載せられているのでブリーチのパワーに気をつけなくてはならないところ。

 

簡単に説明するとこんな感じです。

小見出しの通りブリーチで染めたのならきちんとした理由がない限りブリーチでリタッチするべきです。

でないとこんな大変な状態になってしまいます。

 

ブリーチ特化の僕ならこうして直す

ではこれをどうやって直していくのかと言う話になるのですが、先に直し終わった状態を見てみてください。

下の部分は刈り上げちゃうのでノータッチ。

茶色から先の部分には前のカラーの残留があるのでややオレンジがかっていますが、黒色だった綺麗に抜けている部分と明るさはほぼ同じです。

 

あんなにムラだったのにどうやって揃えたのか、ブリーチ特化ならではの超絶技巧で直したのか。

 

答えは

 

’’ミザ’’
’’ミザ’’
派手な大技とかはないです、地味に部分ごとに塗り分けます

 

そう、綺麗な下地作りとは地味なもの。状態ごとに綺麗に塗り分けるのです。

 

違う条件の髪を似た状態にするのに1つの薬剤でやるのは出来ないことはないのです。

ですが放置時間があるので時間が掛かりますから薬を使い分けます。

 

ちなみにこの時ブリーチは頭皮すれすれで塗ります

こうすると痛くないのです、長い時間痛みに耐えるなんてしんどいですからこうした工夫をします。

 

色落ちがグレーになるブルーの完成

仕上がりはこんな感じ

割と明るくしていたのに色濃くない??と思ったあなた、ただその場で綺麗に青を乗せるならたしかにこんなに濃くなくて良いです。

 

ただ、色落ちまで計算して無彩色に近くなるようにカラーをするとこれくらい濃くなるのです。

 

似たようなカラーをした記事はこちら、こちらには色落ちが載っています。

再来頂いた際に追記でこちらの色落ちも載せます。

色むらを修正した上に色落ちまで計算したカラーをする。

 

良いお仕事が出来た気がします。

 

ムラ直しはブリーチの得意な美容師に

ブリーチは言わずもがな劇薬です。

 

扱いを間違えれば髪の毛なんて簡単に切れてなくなります。

 

セルフカラーや失敗されてしまったなど様々な理由で僕のところへ訪れる方々は口々に

’’お客様’’
’’お客様’’
もっと早く、というか最初から任せればよかった

 

本当にありがたいことですし、もっと早く出会ってすぐにでもカラーを楽しんでもらえる髪に仕上げたかったと思います。

 

ムラになる前に、なったらすぐに、ブリーチの得意な美容師に任せましょう。

 

髪の毛の今までの施術履歴によっては難しい場合もございますが、まずはご相談いただければと思います

もし当ブログを読んでご興味を持っていただけましたら、24時間365日受け付けている僕の公式ラインがあります。

 

そちらに

・現在の髪の長さと状態

・過去2年間のカラーや縮毛矯正、酸熱トリートメントなどの薬剤施術の履歴

・現在の悩み

・希望の仕上がり

を送っていただければそれを元にカウンセリングさせていただきます!

 

事前に状態を確認することで当日

出来ません、となってしまうこともありませんし

納得行くまでお話することで当日までの

不安と施術に入るまでの時間を

減らすことが出来ます。

 

ご相談だけでも大歓迎なので

ぜひご活用くださいね。

 

 

 

 

予約状況