ショートヘア×紫 ブリーチ一回でツヤツヤで透明感ある鮮やかなパープルで派手髪デビュー!

ショートヘア×紫 ブリーチ一回でツヤツヤで透明感ある鮮やかなパープルで派手髪デビュー!

こんにちは、派手な髪にしたいけど

ブリーチの回数はなるべく少なく済ませて

髪を傷ませたくない…

そんな方に向けて今回はブリーチ一回で出来る

紫のカラーをご紹介致します。

 

この記事はこんな方にオススメ

・ブリーチ1回で綺麗な紫にしたい!

・なるべくダメージ少なくブリーチをしてほしい!

・その場で綺麗、色落ちまで綺麗なカラーが得意な美容師を探している方

 

こんにちは!

学芸大学駅から徒歩4分の美容室Al Chemで美容師をしている

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約はこちらから簡単にできます!

LIME@

ミザのプロフィール

ブリーチをする前の髪のベース

毛先の数センチだけカラーの履歴が残っていますが他はヴァージン毛。とてもありがたい状態です。

色味を入れる場合は暗く染めた場合を除きそこまで

邪魔をしないのでカラーをしていても大丈夫です。

 

髪の中に残った色素の量と髪の体力の見極めを

きちんとできれば希望のカラーにするためにどれくらい

明るくしなくてはいけないのか

どれだけ髪の体力を残せるかの判断が

ブリーチをする前から予測できます。

 

ブリーチ一回でほしい明るさまでブリーチする

髪の状態の見極めや、なりたいイメージのすり合わせを

お客様と出来たら次はブリーチで入れたい色味に

対する必要な明るさまでブリーチをしていきます。

 

ブリーチを塗り終わった状態

いつもどおり激盛りです、こんなに乗せて大丈夫なの?と感じた方

こちらのブログに説明がありますのでどうぞお読みくださいませ。

 

理論のもとこういったブリーチをしています

髪になるべく負担をかけないための工夫を重ねた結果

反応する速度が遅い代わりに長く反応

してくれるブリーチ剤を多く塗布して

じっくりと明るくして行くことで

髪の急激な状態の変化を和らげて

負担を軽くします。

 

ブリーチ終了、パープルをオンカラー

これでお流しした状態がこちらになります。

意外と明るくないと感じた方も

ホワイトブリーチの記事を呼んでくださった方

の中にはいるかも知れません。

この明るさでパープルに問題なく出来ますし

無理して明るくしてダメージをさせる必要はないので

ここでストップしています。

 

ショートヘアなので短い部分をブリーチするかは

お客様ごとに好みが別れますから

予め考えておくと良いと思います。

 

そしてオンカラー、綺麗に発色するギリギリを狙いたいところですが一色だと

毛先は少しボケてしまいそうです。なので色味を塗り分けることにしました。

3色のパープルを使用して根本、中間、毛先を

塗り分けて出来上がった仕上がりがこちらです。

 

 

違和感のないよう仕上がりました。

時間をかけて丁寧にブリーチし、どうしても失われる物質や

傷ついてしまうタンパク質を

トリートメントで補強、補充していますので

ヴァージン毛とほとんど変わらない質感で仕上げられました。

 

ツヤだってこの通りきちんと出てくれています。

ヴァージン毛だった部分はほぼほぼ質感を変えずに仕上げられました。

もう1ブリーチくらいは余裕で耐えれそうな質感です。

 

 

まとめ

あまりダメージさせずに鮮やかなパープルにした

例について書かさせていただきました。

 

ブリーチ=傷むという固定概念をお持ちの方は

変えることができるきっかけになれるかもしれません。

 

ブリーチは髪の状態にもよりますが

一回で希望の明るさまで明るく出来ますから

何度もブリーチを繰り返して髪を傷めずとも

派手髪を楽しむことも出来ます。

 

この色の場合紫シャンプーで

色持ちを長くすることも出来ますし

最終的にはシルバーを通って色味の薄いブロンドに

落ちるように色味を作っています。

 

色落ちまでデザインすることを心がけていますので

次にカラーをするまでストレス無く過ごすことが出来ます。

 

 

 

最低限のダメージで最大限のカラーを。あなたの髪の毛、僕に任せてみませんか?

 

現在のスタイルとご希望のスタイルをお送りいただければ

事前カウンセリングがスタート出来ます。

 

現在のお客様の髪の状態や履歴から

鑑みて当日の施術内容や懸念事項まで

お伝えできるので当日ご心配無く

ご来店できますしスムーズに施術に入れます。

 

ご予約、ご相談は下記の画像から飛べます。

ご活用ください。