明るさ別ブルーカラー!ブリーチ回数は何回??【青】

明るさ別ブルーカラー!ブリーチ回数は何回??【青】

こんにちは、年間を通してカラーのオーダーが一番多いのが

僕の場合は寒色系なのですが明るさのオーダーはバラバラです。

 

この明るさは何回ブリーチが必要なのかはお客様側はあまりわからない

と思いますので今回は明るさ別にまとめてみました。

 

 

ピンクについてもまとめた記事があるのでやる色を悩んでいる方はこちらも合わせてお読みください

 

グレーやシルバーはこちら

 

この記事はこんな方にオススメ

・ブルーカラーのブリーチ回数を知りたい!

・なるべく髪に負担をかけないで理想の髪色になりたい!

・その場でも綺麗、色落ちも綺麗に出来る美容師を探している方

 

こんにちは!

学芸大学駅から徒歩4分の美容室Al Chemで美容師をしている

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約はこちらからかんたんに出来ます!

ご新規様のホワイトブリーチも大歓迎です!

ミザのプロフィール

 

ブリーチなしで出来るブルー

まずはブリーチ無しで出来る青色から紹介していこうと思うのですが、正直ブリーチなしではブルー感はなかなか出てはくれません。

 

落ち着いたブラウンぽくなったり、あまり見た目が変わらないものがほとんどです。

 

MENU:ワンカラー¥5,500

 

どちらもブリーチなしで青い染料を使った例です。

あまり青さがわかりませんね、それもそのはず髪の中にはメラニンという赤褐色と黄色の色素が大量に含まれています。

 

青とは遠い関係にあるものがたくさん入っていれば発色はしてくれないんですね。

なので見た目ですぐに青と分かるようなカラーにしたい場合は必ずブリーチが必要になります。

 

全体染めは嫌だけど部分的にブリーチして全体を青く見せられるならやってみたい、という方はハイライトがオススメです。

筋状に青が入ることで全体をその色に見せてくれる効果があります。

ブリーチ1回で出来るブルー

ブリーチ1回で明るく出来る目安の髪の

明るさは15〜16.5レベルです。

 

明るさの目安はこちらの画像の

毛束の明るさと数字をご参照ください

 

15〜16レベルではまだオレンジ味があります

ですのでそれよりも濃い青以外は発色してくれません

15〜16レベル

 

16〜16.5レベル

 

MENU:ブリーチ¥7,700

ワンカラー¥5,500

 

 

普通のブリーチ1回で出来るブルーは

これくらいの明るさです。

 

暖色系のカラーだとベースのオレンジっぽさが発色の

手助けをしてもう少し明るいカラーが出来るのですが

青の場合だとベースのオレンジが逆に邪魔をして

このくらいの濃さでなくては発色しません。

 

普通のブリーチ1回ではこのくらいの明るさが

限界な上にベースの色がそこまで

明るくないので色落ちが茶色っぽい緑に

なってしまいます。

こんな具合に

 

寒色は色素の分子量が小さくそこまで

色持ちが良くないので

色落ちが早くすぐに濁った色味になってしまいます。

マット味のあるブラウンが好きな方は

チャレンジしてみても良いと思います

 

普通のブリーチ1回で長い期間ブルーを

楽しむのは少し難しそうです。

 

ブリーチ2回で出来るブルー

普通のブリーチ2回で明るく出来る明るさの

目安は17〜18レベルです。

ここまで明るくすればベースにオレンジっぽさが消え

黄色くなってきますが

17レベル相当の場合はまだ黄色が濃いので色落ちが

青単体だと緑っぽくなってしまいます。

 

17〜17.5レベル

 

17.5〜18レベル

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

ベースの明るさが明るくなって来ると青が

ある程度淡くても発色します。

濃く入れれば色持ちが良くなるので

少し長くカラーを楽しめますし

紫シャンプーの使用でベースの黄色みを

少し抑えることが出来ますので

嫌な緑の色落ちは避けられます。

 

また、明るさがある程度出せるので周りから

ひと目でブルーと認識をしてもらえます。

 

ブリーチ3回以上で出来るブルー

明るく出来る目安は18〜です。

普通3回以上ブリーチをすれば大抵のカラーは

出来るほどのハイトーンになります。

しかし切れ毛のリスクがではじめるほどの

ダメージが蓄積されるので

日頃のケアが不可欠になります。

髪をきちんと乾かす、

油分をきちんと補うなど他にも

色々なケア方法がありますがそれらを

日常に組み込むことになります。

 

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

しかし淡くきれいな発色のブルーを入れることが

出来るのはこの明るさからです。

ダメージと引き換えに最もその場も

色落ちも綺麗な色味を作り出せます。

ベースの黄色みも殆どありませんから

緑っぽくなることもなく

青白い色落ちになっていきます。

 

色落ちの状態で紫シャンプーを使えばまた

変わった色味を楽しむことも出来ます

ブリーチ回数をかいてはみたけど…

実際ブリーチ回数は当てになりません。

一般的な美容室でこの色をやるなら

この回数と言われることが多いので

書いてみたまでです。

 

わざわざ何度も「普通の」ブリーチを

した場合と書いたのはそのためです

 

履歴によってはブリーチをしても

出来ない場合もありますし

逆に髪質によっては少なく済む場合もあります。

 

僕の場合ですと基本的にブリーチは

一度しかしませんし、一度で

殆どの色を再現できる明るさのレベルまで

明るく出来るような

ブリーチの方法を取っていますので

「この色はブリーチ何回で出来ますか?」

と聞かれた時は

「髪の状態によっては何回やっても出来ないし、

出来る場合は一回です」

とお答えしております。

こんなブルーだって僕に任せていただければ状態によってはブリーチ1回で出来ます。

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

番外編:ブリーチ1回で作れる青のインナーカラー

全体染めはまだ勇気が出ないけど、染めてみたい…

 

そんなあなたにおすすめのインナーカラーについても見ていきましょう。

ターコイズブルー

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

ライトブルー

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

グレーに落ちるネイビーブルー

MENU:ホワイトブリーチ¥16,500

カラー¥5,500

 

くどいようですがすべてブリーチ1回です。

まとめ

髪への負担を最低限に抑えた上で

出来る限り髪を明るくしたい方は

ご連絡くださいませ。

 

色落ちでシルバーも楽しめる青の記事はこちらから

 

冒頭のリンクか固定ページのLINEから

友だち追加をして現在のスタイルと

希望のスタイルをお送りください。

事前カウンセリングがスタートできます。

 

事前にご納得いただけるまでカウンセリングをすることで

当日の不安も少なくなりますし、すぐに施術に入れます。

 

ぜひご活用くださいね