これなら切れ毛が出ない!失敗しない!究極のブリーチリタッチの仕方はコレ

これなら切れ毛が出ない!失敗しない!究極のブリーチリタッチの仕方はコレ

こんにちは。いつもご覧下さりありがとうございます。

Al Chemの美座です。

 

ブリーチが必要なカラーをすると必ずついて回ってくるのはリタッチ。

 

リタッチは伸びてきた地毛とすでに明るくなっている部分とを繋げる技術ですが、この施術実は難易度高いんですよね。

 

しかも明るければ明るほどに。こんな髪とか

ブリーチ1回で作るホワイト

 

リタッチを失敗され切れ毛ができてしまう方は少なくありません。

 

他店で切れてしまったため改めて伸ばすために僕のところへ通ってきてくださる方も居ますし、昔は僕も切れ毛を作ってしまったりもしました。

 

今でこそほぼ0に近いリタッチができていますが、切れる可能性を十分に孕んだ難易度の高い技術であることには変わりありません。

 

ではこのリスクをどれだけ抑えることが出来るか、というお話を今回はしていきます。

 

この記事はこんな方にオススメ

・切れ毛を出さずにブリーチを続けたい!

・一度切れてしまったけどまたリタッチを続けて伸ばしたい!

・なるべく髪に負担をかけないで理想の髪色になりたい!

・その場でも綺麗、色落ちも綺麗に出来る美容師を探している方

 

 

こんにちは!

学芸大学駅から徒歩4分の美容室Al Chemで美容師をしている

似合わせカット&デザインカラーが得意な

ミザです!

ご予約、ご相談はこちらから簡単に出来ます!

ご新規様のホワイトブリーチも大歓迎です!

ミザのプロフィール

 

リタッチってそんなに難しいの?

お客様が最も疑問に思うのはおそらくここですよね。

 

僕の感覚で言えば全頭塗るのと変わらない、もしくはそれ以上の集中が必要です。

 

すでに明るくなっている部分に薬がつくと切れてしまいますから、黒い部分のみを塗らなくてはいけないわけです。

 

’’ミザ’’
’’ミザ’’
はみ出したら死ぬ塗り絵やってるみたい

なーんて思いながらきっちり塗っています。

 

ただ、髪の成長スピードは1本ずつ異なるわけですから完全に綺麗に塗るのはほとんど無理。

適切な周期(1.5ヶ月〜2ヶ月)でリタッチさせて頂ける場合は境目が均一に近いので、リスクはグッと下がりますがそれ以降になると多少はみ出したりしないといけない部分もあります。

 

ただ、その加減を間違えると切れ毛が出ます。

 

色々な要素が絡み合った難しい技術、それがリタッチなのです。

 

普段から下記記事のようなハイトーン施術をすることが多いので、難易度は非常に高く普通にやるとリスクはかなり高いです。

 

ではどうやってリスクを減らすのか

 

こうすれば切れ毛のリスクはグッと下がる!

まずは仕上がりから見ていただきましょう

 

一見普通のリタッチ後のように見えると思いますが、根本とそのすぐ横の明るさを比べてみてください。

水色のまるで囲んだところが施術日にブリーチした箇所。

よーく見ると毛先よりほんの少し黄色みがありますよね。

 

ほんの少しだけこの部分の明るさを抑えています。

 

こうすることで次回リタッチをする際に、どうしてもはみ出さざるをえない部分ができても切れずに済むのです。

 

難点は普通に塗るよりも薬剤のコントロールがシビアなため、難易度はより高いです。

別の方で繋いだ例も貼っておきます。

 

ですので誰にでも出来るわけではありませんが、切れ毛のリスクは大幅に減らすことができます。

 

仕上がりに影響はないの??

写真から伝わるかと思いますが、これだけ接写してやっと見えるレベルの差ですから普通にみてもほぼわかりません。

 

光の加減もそうですし、残している長さは5mm程度なので見た目にはほとんどわからないのです。

’’お客様’’
’’お客様’’
言われるまで明るさが微妙に違うのがわからなかった
安全にリタッチ出来るのに仕上がりのクオリティはほぼ変わらないんです!
’’ミザ’’
’’ミザ’’

大きく明るさに差をつけているわけでもありませんから、この上から色を被せるのにもほとんど影響はありません。

 

色を載せてホワイトにした仕上がりがこちらなのですが

スタイリングしてしまえばほぼ分かりませんし

めくってよく確認してやっと分かる程度です。

 

ですのでメリットづくしのリタッチ方法なのです!

 

こうして切れ毛のリスクを抑えてリタッチを続けていくことで、切れ毛はほぼなく綺麗にハイトーンを続けていくことが出来るのです。

 

加えて頭皮に一切付けずにブリーチ剤を塗布するので、痛さは感じません。

 

リスク少なく、頭皮に優しく。美容院へ来るのが億劫にならないような施術を心がけております。

 

綺麗にハイトーンを続けたい方はぜひ僕のところへ

ブリーチは難易度が高く、失敗の絶えない技術です。

 

得意としている美容師のところへ行くのが切れ毛などを出さない最も有効な方法です。

 

ただ、探すとなるととっても大変。インスタグラムは似たような投稿が多く誰が上手いのかわかりにくい上に、加工ありきです。

 

このブログを最後まで読んでくださったのもなにかの縁、ぜひ一度僕に任せていただけませんか?

 

他のブログも見てもしご興味を持っていただけましたら、24時間365日受け付けている僕の公式ラインがあります。

 

そちらに

・現在の髪の長さと状態

・過去2年間のカラーや縮毛矯正、酸熱トリートメントなどの薬剤施術の履歴

・現在の悩み

・希望の仕上がり

を送っていただければそれを元にカウンセリングさせていただきます!

 

事前に状態を確認することで当日

出来ません、となってしまうこともありませんし

納得行くまでお話することで当日までの

不安と施術に入るまでの時間を

減らすことが出来ます。

 

ご相談だけでも大歓迎なので

ぜひご活用くださいね。

 

 

 

 

予約状況